ぷーちんのブログ

真イカのパプリカのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何でもかんでも、うまくはいかないよ。

当初の予定ではサンパウロに着いてから一旦南下してイグアスの滝をブラジル側から見ようと考えていた。
そしてその後一気にマナウスまで北上してそのままベネズエラに抜けていくつもりだったのだがこの考えがあまりにも甘かった。
イグアスの滝まで地図上で見ればほんの2cmほどなのでまあ、6時間くらいバスに乗っときゃ着くだろとへらへらしていたらサンパウロで会った日本人に20時間はかかるといわれて愕然とした・・・
マナウスとかとは逆方向なのでイグアスの滝は最後に帰るときにアルゼンチン側から見ることにしてまずはマナウスに向かうことにした。マナウスはアマゾン川の河口にある街であり多種多様な動物を見ることができるらしい。とりわけ俺は魚介類に興味があってそこの市場でピラルクを筆頭にへんてこな魚を求めてさ迷い歩くことにやぶさかでない。

日系の家主に事情を説明すると日本語が通じる旅行代理店に電話してくれるという。
しかしいざ、調べ始めると今度はマナウスまではバスで行けないと言われた。
いやいや、そんなわけないでしょ。じゃあマナウスに行きたい人はどうやって行くんだよ。と聞くと飛行機でしか行けないと言う。
んな訳ねえと思っていたけどよくよく考えてみるとイグアスまで20時間かかるのなら直線距離がその3倍ほどあるマナウスまでは60時間・・・しかもアマゾン川が横たわっているから直線で行けるわけもない、
代理店の人に「バスでマナウスまで行くなんて聞いたことないですよ。」と呆れられた。

どうしたものか頭を抱えていると宿にいた日本人に、サルバドール経由してべレンまで行けば船でアマゾン川上って行ってマナウスまで行けるよ。と教えてくれた。

そいうわけで今はマナウスを目指してブラジル東部の街を経由してマナウスを目指しています。
どうやら俺は南米のでかさをなめていたようだ。サンパウロからサルバドールまでは地図上では5cmほどしかない。にもかかわらずその距離は遠く36時間に及び、値段も高かった。
バスなら安く回れる。そう思っていたけど南米はあまりに大きく、大学生が半年程度ためた金では全部回るのは不可能だった。

まあ、予定は大きく変更になったけどブラジルでてからペルー、ボリビア、ウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチン、できたらチリかエクアドルに行こうと考えている。全然シナリオ通りにはいかないけどそれだからこそ人生は面白い。俺はそう信じている。

今日も天気がよろしい。



スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 02:53:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サルバドール アイスがうまい! | ホーム | 南米上陸!始まった瞬間に終わった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanbei2011.blog.fc2.com/tb.php/3-e11c93e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。